シアリス

白いタブレット

ED治療は専門クリニックで利用することが出来ます。薬を用いた治療があるので、医師と相談をしながら進めていくと良いでしょう。

正規品のバイアグラを購入する時に利用したいサイトです。クリニックなのでより安心して買えます。

バイアグラ以外にも存在する精力剤

近年ではインターネット上などでの通販が充実しており精力剤も簡単に手に入れることができるようになってきました。
精力剤としてはバイアグラが1番有名ですが、それ以外にも精力剤の種類は存在します。

バイアグラ

一番有名な精力剤がこのバイアグラです。バイアグラの特徴としては形が水色のひし形の形をしています。
バイアグラには25ミリと50ミリの2種類が存在します。
効果としては満腹時には性行為1時間前、空腹時は30分前に服用すると効果が得られやすいと言われています。

レビトラ

バイアグラと同じ薬品メーカーが発売している精力剤です。
この精力剤の特徴としてはオレンジ色で円形の形をしているのが特徴です。
この精力剤は5ミリ、10ミリ、20ミリの3種類が存在します。
この精力剤の1番の特徴は即効性があるところです。
満腹時には1時間前に服用する所は同じですが空腹時は20分で効果が現れます。
また、20ミリの場合は最大で10時間の効果が得られます。

シアリス

この精力剤の特徴は黄色で涙形であるのが特徴です。
上の2つとは違い長い持続性が特徴で最大36時間の効果があります。


大きめの粒

バイアグラの注意点

バイアグラの注意点

バイアグラの注意点としては副作用があるということです。バイアグラには体のほてり、頭痛、鼻水などの副作用があります。
通販で購入後必ず副作用に関する知識を得ておく必要があります。
副作用の知識を事前に知っておけば性行為の際にも落ち着いて対処することができます。
もし性行為中に胸の動悸があったばあいは必ず一旦性行為を中断して動気がおさまるのを待たなければなりません。
もしもある程度待っても胸の動悸がおさまらなかた場合はすぐに救急車を呼んで病院に行く必要があります。
その際に気をつけるべき点はバイアグラを服用したことを伝える必要があります。

併用してはいけない医薬品

狭心症の薬は、併用してはいけません。狭心症の薬を服用してしまうと死に至る場合があります。
バイアグラなどの精力剤を服用する際は必ず服用していないか確認する必要があります。

金額

バイアグラは保険適用外の商品です。その為全額自己負担となってしまいます。バイアグラなどの精力剤を購入する際は保険が効かないということを頭に入れておく必要があります。

大量摂取を気を付ける

バイアグラの歴史

近年通販などで簡単に手に入れることが可能になったバイアグラですが、バイアグラなどは元々精力剤として開発されていたわけではありませんでした。
バイアグラは元々狭心症の薬としてイギリスの研究機関が開発をしていました。
その研究最中に開発していた薬品が副作用として勃起症状を発生させることがわかってきました。
また、開発担当者であったBrian Klee氏によると試験薬を使っていた人たちが返却に応じようとはしなかったということがありました。その結果ED(勃起不全)の薬として開発されるようになりました。
研究が進められた結果1996年に特許が申請されました。
その後1998年にアメリカの食品医薬品局(FDA)によって承認されました。
その後アメリカでは1998年に発売されたのですが日本では1年遅れての1999年にバイアグラの発売が解禁されました。
その後バイアグラを開発した会社がレビトラという新たな精力剤を発売するなど近年では精力剤の種類も増えています。

毎日飲んでいる

購入法

バイアグラを手に入れる方法は2種類あり、クリニックで診察して処方して貰う方法と、近年では通販による購入も可能となっています。

クリニックで購入

クリニックで購入する場合はまずは専門のクリニックで詳しい説明を受けた後で処方してもらえます。
クリニックの場合のメリットとしては十分な説明を受けることができるので安心できるというメリットがあります。
しかしながらデメリットとしてED(勃起不全)は現在の日本国内では正式に病気と認められているわけではないで保険適用外なので全額自己負担となってしまいます。
また、ED(勃起不全)は自由診療扱いなのでクリニックによって自由に金額を設定することができます。そのため最終的に負担が大きくなってしまいます。

通販で購入

最近では通販でも購入することができるようになってきました。
通販で購入する最大のメリットとはクリニックで診療しないでもいいので薬代のみ払うだけです。
そのためクリニックで処方してもらうよりもコストをだいぶ抑えることができます。
そのかわり中には悪質な業者がいて偽物を販売している可能性があります。極端に安い場合は注意が必要です。
またクリニックのように誰かが説明してくれるわけではないので副作用や併用してはいけない医薬品についてよく調べる必要があります。


関連リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加